お問い合わせ(1/9 蒼の志様の質問)

  • 2019.01.11 Friday
  • 09:05


(ご質問受信日時:2018年02月22日 10時45分07秒)
(ご質問受信日時:2018年05月11日 19時17分26秒)
(ご質問受信日時:2019年01月09日 14時47分43秒)

 


 

2018年2月22日 お問い合わせフォームからご質問を頂戴しました。

 

【 タイトル 】 光瑠璃のお問い合わせ

【   内容   】
透明先生、昴様、マニャの皆様、いつもありがとうございます。

 

光瑠璃で神様や仏様へのお祈りの質問ですが、神様へのお祈りで、レビューにのっている通りに、はじめの言葉→縁つなぎの言葉→御礼の言葉を毎日言おうと思いますが、2回目から「末永くご縁をいただけるよう」との言葉は抜かした方がよいですか?

なんだか毎日、ご縁を下さいって言ってるようで、失礼かなと思いまして。

 

仏様のお祈りでも、お願いするのは何だか恐れ多いので、毎日はじめの言葉を言って、お見守り頂いている事に感謝を告げ、最後に真言を唱えれば良いですか?

 


 

当店からの回答

 

蒼の志さんは、本当に人のことを想いやれる良い人ですね〜!

 

神様や仏様の立場に立って考えられることは、

 

とても素晴らしいことです(^O^)

 

もちろん、神様や仏様も、そういった蒼の志さんの気持ちは

 

わかってくださっていると思いますので、毎日のお祈りの中に

 

そういう言葉は、入れなくても問題はないとは思います(^ー^)

 

実は、この言葉というのは、神様や仏様に受け取っていただく

 

というだけではなく、祈っている人間が、常に神や仏に守られている

 

ことを意識できる言葉でもあるのです。

 

そのため、私はこういう言葉を使うことをオススメしていますが、

 

常に、心にその想いがあるのであれば問題はない、と認識してください。

 

こういう言葉をまったく言わないというのも、神様や仏様からすると

 

少し寂しい気がすることもありますので、できれば月に1度くらいは、

 

例えば、月が変わった時にでも、言葉にするようにしていただくと

 

良いと想いますので、ご参考になさってみてくださいね〜(^O^)


 


 

2018年5月11日 お問い合わせフォームからご質問を頂戴しました。

 

【 タイトル 】 法具の使用感とお問い合わせ

 

【 黄昏の刻の厄の種の対処方法
 姉のイクソスを借りて、家族全員装着済み!

 

【   内容   】
透明先生、昴様、マニャ様、いつもありがとうございます。

 

この度、ウェイクシールオブガイアを注文させて頂きました。

そこで2つ質問させて下さい。

 

小学6年の息子は、軽い発達障害で落ち着きがありませんでした。

今は帝華二十四山方位牌の気体充填法を行い登校しています。

自分でも調子が良いのか、毎朝方位牌の前でスーハースーハーしています。

しかし昔から耳がよく音に敏感です。

今でも混雑した騒がしい所が苦手で、急に落ち着きがなくなったりします。

障害の症状だと言われれば、それまでなんですが、何らかの感を閉めれば過ごしやすくなるものなのでしょうか?

 

もう一つは、光瑠璃で毎日、神様仏様にお祈りをしていますが、お祈りの最中は決まって軽い鳥肌がたちます。

これは何らかの感の一種なのでしょうか?

 


 

当店からの回答

 

今の息子さんの状態を視させていただいたところ、

 

確かに、聴覚が非常に鋭敏になってしまっています。

 

ただ、これは彼の才能でもあります(^O^)V

 

私としては、その才能を伸ばしてあげられるように

 

音楽などの方向性を見出してあげるのも有りかと思いますが、

 

一般生活の中でその感覚は、辛くなってしまう可能性があるので、

 

蒼の志さんのお考えのとおり、ウェイク・シール・オブ・ガイアを使い、

 

聴覚を開けたり閉めたりしながら、状況に合わせてお使いいただくと

 

良いと思いますので、是非試してみてくださいね(^ー^)

 

 

次に、光瑠璃でのお祈りの最中の件ですが・・・

 

神仏というのは、かなり偉大な御力を持っている方々なので、

 

光瑠璃を通して、神様仏様に繋がる時に、鳥肌が立つことや

 

緊張が走ったりすることもあります。

 

裏を返せば、上手に使えているということでもありますので、

 

そのままお使いいただけると良いと思います(^O^)

 

第六感の中には《阿羅感》という、神仏の息吹に触れられる能力

 

がありますので、そのように五感の中でも触覚が鋭敏な方は、

 

触覚を進化させた《阿羅感》をガイアで開くことで、もしかすると

 

その存在を更に深く感じることができるようになるかもしれませんね(^ー^)

 

 


 

2019年1月9日 お問い合わせフォームからご質問を頂戴しました。

 

【 タイトル 】 法具選びのお問い合わせ。

【 黄昏の刻の【厄の種】を対処したかどうか? 】
 家族全員一度イクソスを装着と自宅でサモン・カタフィギオを発動中。

【   内容   】
透明先生、昴様、マニャ様いつもありがとうございます。

この前、息子の聴覚の事をアドバイスして頂きありがとうございます。
毎日ではないですが、ウェイク・シール・オブ・ガイアで感を閉めて学校に行っています。
本人も辛い感覚のままの学校生活は疲れるらしく、毎日授業中に寝ていましたが、今は寝る回数も減ってきてるみたいです。

今回の質問も息子のことです。
小学校では、特別学級で授業を受けていたんですが、学校の先生と相談して春からの中学校では普通学級で頑張る事になりました。
学校では、大勢の中での行動や授業についていけるように取り組んで頂いてますが、中学校では普通の子より混乱や戸惑いが多くあり、傷付く事もあると思います。

親として、息子に寄り添い一緒に頑張っていきますが、何か息子の成長や生活の助けになる法具を選びたく質問させて頂きました。
金銭的な事もあり即購入できない場合もあると思いますが、宜しくお願いします。

皆様からコメントでフォロー頂く事で、質問者様のご不安が緩和されれば幸いです。

 


 

スポンサーサイト

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 09:05
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    質問を転載しています

    ・お問い合わせが届いたかどうかの確認になります

    ・受信設定やセキュリティなどメールの送受信の不具合で回答が届かないケースのフォローになります

    ・商品説明やレビューの見落としは、みんなで互いにフォローし合えればGood!

    ・質問者の不安が、ここでのやり取りで減らせられれば嬉しいです♪

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM